半夏生

夏至から数えて11日目の7月2日は半夏生(はんげしょう)です

福井県ではこの日に丸焼きサバを食べる風習があります

江戸時代 藩主が庶民の疲労回復や夏バテを防ぐために振舞ったのが習慣の始まりだと言われています

鮮魚店の軒先やスーパーでは脂の乗ったサバを焼く香ばしい匂いが漂います

 

saba

 

また関西地方では 半夏生にタコを食べる習慣があるそうです

タコの足は四方八方に広がっていることから 植えた稲が四方八方に根付くようにという願いを込めて食べられるようになったそうです

 

地方独特の風習は面白いですね!

 

我が家も今晩は焼きサバを食べて暑い夏を乗り切ります!!!

 

福井事務所  七尾

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close